var _paq = _paq || []; _paq.push(["setDomains", ["*.bando.dijtokyo.org"]]); _paq.push(['trackPageView']); _paq.push(['enableLinkTracking']); (function() { var u="//wdata.dijtokyo.org/"; _paq.push(['setTrackerUrl', u+'piwik.php']); _paq.push(['setSiteId', '2']); var d=document, g=d.createElement('script'), s=d.getElementsByTagName('script')[0]; g.type='text/javascript'; g.async=true; g.defer=true; g.src=u+'piwik.js'; s.parentNode.insertBefore(g,s); })();

板東収容所のバーチャル・ツアー

19. 上の池(北池)

 
 

上の池は収容所の北端に位置していた。池の周囲を散歩したり、ほとりに広げた寝椅子に横たわる捕虜たちの様子を写した写真が残っている。下の池同様、この池もボートを漕ぐのに使われていた。上の池も今日現存しているが、その外観は大きく変わってしまっている。長い年月の間に草木が生い茂るにまかされていたが、2005年夏に池は新たに整備され、ほとりには日独の友好の証として菩提樹と桜の木が植えられた。

 
 
 

上の池でのボート漕ぎを試みる. 鳴門市ドイツ館所蔵の写真:ネガ番号 39-6