var _paq = _paq || []; _paq.push(["setDomains", ["*.bando.dijtokyo.org"]]); _paq.push(['trackPageView']); _paq.push(['enableLinkTracking']); (function() { var u="//wdata.dijtokyo.org/"; _paq.push(['setTrackerUrl', u+'piwik.php']); _paq.push(['setSiteId', '2']); var d=document, g=d.createElement('script'), s=d.getElementsByTagName('script')[0]; g.type='text/javascript'; g.async=true; g.defer=true; g.src=u+'piwik.js'; s.parentNode.insertBefore(g,s); })();

Verpflegung

収容所製パン所・穀類倉庫

 
 

おそらく収容所製パン所の内部. 『大正三四年戦役 俘虜写真帖 Vues photographiques concernans les prisonniers de guerre au Japon (Campagne de 1914-1916) 』 東京、俘虜情報局、Bureau Impérial de Renseignements sur les Prisonniers de Guerre、1918。鳴門市ドイツ館所蔵の写真:ネガ番号30-32

収容所製パン所が製造したパンは配給食の一部として下士官兵たちに分配されていた。それ以外にも製パン所は小型の白パンや、その他の大型パンを作って販売していた(1)。小型の白パンを前もって予約して定期販売を行い、それらを配達させたり(2)した。遠足の際には、大小のパンを前もって注文することもできた(3)。この収容所製パン所は複雑な経緯をたどって設置された。当初は製パン所を清潔に保つための資材が乏しかったので、「パンの外見が不潔であることへの苦情」が絶えなかった(4)。しかし、この問題は時間が経つにつれ解決した。パンは、製パン所隣の穀類倉庫で分隊ごとに配給された。平日は毎日17時から17時30分のあいだに、日曜は11時から11時30分の間に配給が行われた(5)

 
 

「われらの日々の仕事」から:パンの配給. Muttelsee, Willy, Karl Bähr. 4 1/2 Jahre hinter’m Stacheldraht. Skizzen-Sammlung. Bando: Kriegsgefangenenlager, [1919], o.S.、鳴門市ドイツ館所蔵

 
 

「焼きたてパン!」. Muttelsee, Willy, Karl Bähr. 4 1/2 Jahre hinter’m Stacheldraht. Skizzen-Sammlung. Bando: Kriegsgefangenenlager, [1919], o.S.、鳴門市ドイツ館所蔵

 
 

(1) Fremdenführer durch das Kriegsgefangenenlager Bando, Japan. 1918, S. 13
(2) T.T.B. Bd. 5, 21. Dezember 1918, S. [2]
(3) T.T.B. Bd. 8, 24. September 1919, No. 154, S. [4]; T.T.B. Bd. 8, 21. Oktober 1918, S. 2
(4) T.T.B. Bd. 1, 31. Mai 1917, S. 2
(5) Fremdenführer durch das Kriegsgefangenenlager Bando, Japan. 1918, S. 13